判断基準を教える

 エデュケーショナルセールスが効果的な業種ってあるんですよ。

 

それが、衝動買いしない「モノ」や「サービス」や「セルフブランディング」

 

要は、高額商品や、コンサルティングが必要なものですよね。

 

ではなぜ、衝動買いしない「モノ」や「サービス」や「セルフブランディング」に対して、セミナーが効果的なのか分かります?

 

それは、セールスの場面で、断りの台詞に注目すると答えに近づきますよ。

 

衝動買いできないお客さんは、必ず、

 

「他社の話も聞いて、比較して検討します。」

 

って言うんですよね。

 

で、何が起こるか。

 

あなたにも経験があるかもしれませんが、お客さんに「比較」させれば、まず間違いなくそのほとんどの人は「値段」を比較しますよ。


で、同じものならば、より安いものにしようと考えるわけです。

 

ところが、ここで問題なのは、「同じものなら」の同じを計る基準をお客さんがちゃんと持っていないことがほとんどだということです。

 

だから基準を持っていないお客さんは、唯一自分が知っている基準で判断することになりますよね。

 

で、多くの人の場合その基準が「値段」になっているんですよね。

 

ところが、先ほどの衝動買いしない「モノ」や「サービス」や「セルフブランディング」は、安易に値段での比較が出来なかったり、そもそも商品自体の値段で差別化できないものが多いんですよね。

 

そうすると、お客さんにとって唯一の判断基準である「値段」で決断ができないんです。

 

そうなるとどうなるか?

 

きっとお客さんはあなたにこう言いますよ。


「もう少し、考えます。」ってね。


つまり、決断を先延ばしにします。

 

でも、こういうお客さんをいつまで待っても、あなたの元へは帰ってきませんからね。

 

ついでですけど、もし値下げが出来るものであっても、安易な値引きは命取りですよ。

 

値下げして売れるものは、だいたい元々売れていたものだけですからね。

 

今売れていないものは、値下げしても売れませんよ。

 

また逆に、もし値下げして売れるんだったら、わざわざセミナーをやる必要もありませんしね。

 

そこで、あなたがしなければならないことは何か?

 

それは、お客さんに買うことを決断するための判断基準を教えてあげるってことなんですよ。

 

ここに、「先生」が登場する必要性があると思いませんか。

 

判断基準を教える!

 

これ、【エデュケーショナルセールス】の重要なポイントですね。