ミッション

自分がNo.1になり、人をNo.1にさせるプロセスを通じて、
自立型の人財を育成し、日本をより豊かで夢の持てる国にする。


それがNO.1セミナー戦略会議のミッションです。


そして、僕自身の目指すところは、


 【 教育を通じて人の成長・成功のプロセスに関わり、

   人の人生に影響を与え、世界を変える仕事をすること 

 

                               です。


自立型の人財とは、

士業・コンサルタント・コーチが「先生」と呼ばれるような人間関係を
お客さんと構築しながら、高確率で顧客獲得できるような人材。


そして、

自分の成功体験を回りの人たちとも共有することができ、
人の成功にも影響力を発揮できるような人材。


つまり、自分でも仕事で結果を出し、その成果を他の人にも教え、
結果を出させることで、さらに自分のレベルも高めていけるような人材。


このような意味を込めて“自立型の人財”と呼んでいます。


なぜ、士業・コンサルタント・コーチなどの分野から
自立型の人財を輩出したいのか?


それは、士業やコンサルタントやコーチといった人や企業の成功に
関与する分野の中から多くの自立型の人財を輩出して、日本をより豊かで
夢の持てる国にしたいからです。


 
僕は元保険営業マン、そして独立してFPとして中小企業の
オーナー社長や開業医の先生方の経営サポートを多くしてきました。


そして現在では、その経験を元に、営業戦略プロデューサーとして
見込み客への「教育」を通じて、売り込むことなく顧客を獲得していく
エデュケーショナルセールスを広める活動をしております。


自分自身の経験も踏まえて言えば、営業する人のステータスは決して
高くはありません。


最初は、僕自身とても苦労もしました。


お願いをして頭を下げて、いつもお客さんに振り回されて、
最後には値引きの要求をされる。


いつ断られんじゃないかと、どきどきしながら、お客さんの
顔色を伺いながら商談している。


それで、仕事になればまだいいですけど、最後に合い見積もりになり、
最終的には他社に仕事を取られてしまう。


もう、心も体も疲れてしまいます。


じゃ、他社の商品やサービスが優れていたかと言えば、
全然そうじゃないんです。


お客さんは結局、ちょっとトークの上手な営業マンに買わされて、
後で後悔をしているんですよね。


これじゃあ、お客さんも不幸になってしまいます。


僕も仕事が全く楽しくありません。
 

だからこそ、「金輪際、お願いされた人としか会わない!」と
決心したんです。


「もう、こんな状況はまっぴらごめんだ!」って。


では、なぜ営業スキルが低かった僕が、急に顧客を獲得し始めたのか
と言えば、それは自分のステータスを上げることができたからです。


商品やサービス自体を売り込んだからではないんです。


商品やサービスを提供する側が、「先生」と信頼されるような
人格と知識を持とうと決めたからです。


そしてそれまでは、それらを上手にお客さんに伝える手段を
知ったからなんです。


お客さんが意思決定する上での判断基準を、僕からなら聞いてもいいと
思ってもらえるような信頼関係を築けたからなんです。
 

もちろん、僕がその人格と知識を完璧に兼ね備えているかと言えば、
まだまだそこまでには達していないと思います。


しかし、そこを目指そうと決めたんです。


そして、今では信念になっていることがあります。


それは、私達が顧客を獲得しようと思ったならば、


【 見込み顧客との関係性の強さと、顧客単価の高さは比例する! 】


                    という信念です。


僕自身のセルフイメージやポジションが変わりました。
 

その結果、商談は交渉や説得の場ではなく、お客さんからの
相談の場に変わります。


お客さんが困っていることを助ける相談にのるので、お客さんから
感謝されます。


感謝されるためにお客さんと会いますから、お客さんと会うのが
楽しくてしょうがありません。


楽しくてワクワクしてきますから、そこからは、
「お客さんに売りつけてやろう」とか
「高いものを買わせちゃえ」とか
「こんなこと言ったら断られちゃう」とか
「フォローなんて面倒臭い」とか
そんなネガティブなことは無くなってくるんです。


また、既に「先生」と呼ばれている士業やコンサルタントやドクターは
「先生」という資格があれば成功する時代ではなくなりました。


サービスやマーケティングの感覚や知識がなければ生き残れないのです。


だから、先生も「先生」と呼ばれている人格に加えて、営業マンとしての
要素がなければ残念ながら、生き残れないんです。


もちろん先生業ですから、露骨な営業活動は不適切だと僕は思います。


だからこそ、見込み客への「教育」を通じて顧客化していく、
エデュケーショナルセールスの発想が必要になるのです。


今では、僕は、仕事が楽しくなりました。人と会うことがワクワクします。


このワクワクできる仕事の感じを、他の人にも伝えたい、そして共有する
ことができたらきっと、社会にも影響を与えられると僕は信じています。


だからこそ、士業やコンサルタントやコーチといった人や企業の成功に
関与する分野の中から多くの自立型の人財を輩出して、日本をより豊かで
夢の持てる国にしたいのです。


 

会社案内

□ 屋号: No.1セミナー戦略会議
□ 代表: 遠藤 晃(えんどう あきら)
□ 事務局:遠藤晃顧客教育研究所 株式会社
□ 所在地: 〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-6-5-303

□ 業務内容: 各種企業及び団体に属する社員セミナーの計画実施及び請負
       個人向けセミナー企画、運営
       各種法人営業部外部顧問(営業戦略プロデュース)
       医業経営コンサルティング業務
       教育教材の販売
       イベント企画
       各種販売促進ツールの企画、立案及び制作

□ 連絡先: 電話&FAX 03−6809−7656
(受付時間 月〜金10:00〜18:00 年末年始および祝祭日を除く) 
  ※受付時間内でもオートメッセージでの対応になる場合がありますので
その場合にも、ご用件とご連絡先をお残し下さい。