セミナー料金の考え方

セミナーの開催を考えるときに、1つのポイントになるのが参加費。

 

大きく分けると2つ。


有料にするか無料にするか。

 

もっともセミナー自体が商品と考えているなら無料なんてありえないでしょうね。

 

だけど、セミナーをフロント商品と考えているなら、無料もありですよね。

 

見込み客を集めておいて、その後に本命の商品なり仕事の受注なりを狙っていくというやり方ですよね。

 

無料ですから、集客のハードルはグンと下がりますよ。

 

とにかく集めたいなら、無料にしておけばいいでしょう。

 

でもね、僕は参加費無料はネガティブなんですよね。


なぜだと思いますか?

 

理由は3つ!

 

@無料にすると、簡単に欠席する。


しかも無断で(怒!)

 

参加者はお金を払ってませんから、行かなくったって全然自分の腹は痛まないんですよ。

 

だから、他の予定があれば、すぐそっちに行っちゃいますよ。

 

簡単に申し込むけど、当日来るかどうかは別ですからね。

 

僕も無料で70名位集客したことがあるんですよ。


申し込みがあったのは良かったんですけど、当日フタを開けてみたら、出席率が50%位だったときもありましたからね。

 

会場がガラーンと寒かったですねぇ。


一番ひどかったのは、ミニセミナーで10人申込みで当日参加者は0人!

 

これは、体験談ですからね。

 

ホントに泣けてきます。

 

A「とりあえず」の参加者が増える。

 

まぁ要は、冷やかし客ばっかり集りかねません。

 

参加費無料ですから、真剣に考えていない人が多く混ざることになり、セミナー自体の雰囲気を悪くする場合もありますよね。

 

反対に言えば、有料でしかも高額にすればするほど、そのような冷やかし客が入り込む余地が少なくなるわけですよね。

 

B「この人どこで稼ぐんだろう?」って疑いの目を向けられる。

 

無料セミナーの中にも、もちろん真剣の参加者も含まれています。


それこそ優良な見込み客です。

 

だけど、あなたが僕と同じように無名で信用が無いとします。

 

そんなあなたの主催するセミナーに無料で参加した人の心の声を教えましょうか。


これ大事なことですよ。

 

それは、


「この人、どうやって収入を得ているのかしら?」


という疑問!

 

その疑問は次第にお客さんの心の中でどんどん大きくなって、しまいには、

 

「きっと、私から高額なお金を後で請求しようとしているのね!」

 

あまり近づかないようにしなくっちゃ。


という不信感や不安感を増長させていきます。

 

こうなると、セミナーを利用するだけ利用して、肝心の個別相談などの個人的な関係を築くことを避けようとしてしまいます。


だって、あなたを信用できないんだから。

 

こういう不信感や不安感をお客さんはまず口に出してあなたには言ってくれないですからね。

 

だから注意してくださいね。

 

例えば、こういうお客さんはあなたが作るアンケートに、きっとこう答えてくれるでしょう。

 

「セミナーの内容はとっても役に立ちました。これから、もう少し自分でも勉強してみたいと思います。」

 

でも、個別相談は希望しません。

 

これでは、せっかくのセミナーの意味が全くないですよね。


だから、もし無料でセミナーをするのであれば、この疑問は早い段階で解消してあげないといけないんですよ。

 

無名で信用がない人ほど、お客さんにお金を払わす場面を想像させないようしているんですよね。

 

お金を支払う話を最後までボヤカそうとしているんですよね。

 

きっと、お金の話をした途端、お客さんから


「高い!」って、

 

断られることを恐れてるんじゃないかと思うんですよね。

 

でもこれは、全く逆!

 

信頼関係をお客さんと結びたいなら、早い段階からお金の話はすべき。

 

あなたのビジネスがいかがわしいものでないのならば、正々堂々と

 

「私は通常、お客さんから○○円頂いてますよ。」

 

って、さも当たり前に一般論として言えばいいんです。

 

で、もしこの値段を聞いて、お客さんが引くようなら、問題点は2つです。

 

1つは、セミナーの最中に「値段」以外の判断基準を、お客さんに明確に伝えきれていないという、セミナーの構成の問題。

 

もう1つは、そもそも、そのお金を払うことができないお客さんを集めてしまったという、集客での絞り込みの問題。

 

この2つの問題点を改善すれば済むことですよ。

 

資金的に余裕があり、充分な情報や判断基準を伝えた参加者にとって、最後に知りたいのは、あなたが信頼できるかどうかなんですよ。

 

無名の人間が信頼されるためには、料金の高い安いが問題なのではなくて、明確な料金体系があるかないかってことが大事なんです。